ブログ

子育てとPDCA

今の世の中は、データドリブン全盛ですね。
仮説を立て、実行し、検証し、改善するというPDCAサイクルを高速に回し、無駄な工程を排除し、必要なものだけを残し最適化を図っていく。
業務を効率化することは、長時間労働の防止にもなりますし、効率化によってもたらされる利益については、誰も否定できないのではないでしょうか。

しかし一方で、PDCAサイクルの適用は、要不要の判断がつく場合、つまり同じことを何度もできる場合、スタートとゴールは決まっていて、その工程について検討する場合に有効な手法であり、誰もしたことのない未知を探求する場合には、必ずしも効果的ではないということを理解されていない場合があるように感じます。

その最たるものは、子育てではないでしょうか。

子どもにとって何が無駄で、何が無駄でないかは、誰にも判断できません。全く無駄に終わったと思う経験が、思いもよらず花開くこともあります。

我が家の子どもたちの例をあげるとすれば、子どもに出す食事です。

16年の間1年も空くことなく同じ保育園に通っているせいか、「後藤家の子供たちは乳児期は食が細いが、幼児期になるとモリモリ食べるようになる」という申し送りが、保育園の看護師さんの間でなされているそうです。長男から始まり、次男はそこそこ食べられましたが、長女、次女も0-2歳クラスではよく食事を残していたそうです。そして2歳になったばかりの三男も、ムラ食い全盛期で好きなものしか食べません。

この好きなものしか食べない時期は朝パンを出しても、ご飯を出しても残すことが多く、毎日残すのであれば出さなくてもいいんじゃないか?という、経済人的な思いに駆られます。

でも食べても食べなくても毎日出し続けていると、あれ?今日は一口食べたな、今日は半分は食べたな、という日が何日か続き、気づくと毎日完食できるようになり、もっとちょうだいという日も出てきたりします。

子どもの成長は一定ではなく、突然大きく動くことがあります。今まで自分が無駄なんじゃないかと思いながらしてきたことが、彼らの体の中でようやく溜まって、噴出してきたときはじめて、親はその効果を実感します。それまで溜まっていく過程は、残念ながら外からは確認することができません。

自分の頭で考えたくましく生きていく人間を世に送り出すという、ミッションを一番大事にしながら、日々忙しくても短期的な無駄や失敗を恐れず、子どもとの時間をチャレンジングに過ごしていきたいと思います。

子育てと行動経済学

先日出席した調査会社主催のセミナーで、定性調査(消費者に行うインタビューなど)のモデレーターと呼ばれる司会進行には、行動経済学の知見が不可欠との話を聞いたので、早速関連書籍を購入しました。

行動経済学~経済は「感情」で動いている
著;友野典男

家で読書する時間が十分に取れないので、週1,2回の電車移動時に粛々と読み進めています。

そもそも行動経済学とは何でしょうか。行動経済学は、2002年に米国人2名がノーベル経済学賞を受賞したことで、世に知られるようになったそうですが、まだまだ新しい学問分野です。

一般的に知られる経済学との違いは、対象とする「人」に対する考え方にあらわれます。

一般的な経済学は、「人」が「経済人」と呼ばれる"特別な人"であることを前提としているそうです。

「経済人」がどのように"特別な人"であるかというと、「経済人というのは、超合理的に行動し、他人を顧みず自らの利益だけを追求し、そのためには自分を完全にコントロールして、短期的だけでなく長期的にも自分の不利益になるようなことは決してしない人々」1とのこと。

たぶんこの世に存在するのでしょうが、私自身はもとより、知り合いにもいません。
私の考える「人」は、健康診断の結果を気にしつつも毎晩料理を作りながらビールを飲んだり、口の達者な7歳児、4歳児と口ゲンカして負けたり、子どもの学校の提出物の期限ぎりぎりまで見て見ぬふりをしたり、そんな感じです。(すべて私自身のことですが)

「人」の初期段階である「子ども」について考えてみると、「子ども」が「経済人」の説明に当てはまると思う人はいないと思います。

そうすると、子どもの時は自由気ままにふるまう存在であるのに、成長段階のいずれかで突然(もしくは徐々に)「経済人」になるということになります。それはいつでしょうか?子育てに奮闘している方や、子どもたちの育成にかかわる方は、そんな段階が訪れないことを知っています。

何せ必死になって子育てをしている、子どもと向き合っている自分自身が、日々悩み迷い、ケースバイケースで対応しながら生きているのですから。

きっと標準的な経済学を生み出した人は、理性的な大人の中で理論を考えたんだろうなと思いました。

子育てを通して、嫌というほど「人」に向き合っている自分だからできるマーケティングがあると、感じることが出来る一冊でした。

引用文献
1 友野典男(2006)『行動経済学~経済は「感情」で動いている』光文社.

5人子どもがいるとよく聞かれること

子どもが5人いるというと、まず聞かれるのが「えー!大変じゃないですか?」ということです。

私はこの質問に対する答えに、いつも迷ってしまいます。

「大変です」と言うとつまらないし、「大変じゃないです」というと完全にウソになる。私の「大変じゃないです」を信じて、子どもを5人生んでしまったらと思うと、ものすごい罪悪感にかられてしまう。

子どもが5人いる(しかも高校生から乳幼児まで)生活は、朝から高校生が朝練に間に合う時間に容量1000mLのお弁当を埋めることと、ヤクルトの空容器が部屋中にそっと置いてあることと、咀嚼しきれなかったウィンナーが吐き出されているイスに着替えたばかりのズボンで座ることが同時に起きたりする。

それをひと言で表現すると、やっぱり「大変です」になってしまう。

でも私はこの子育て=大変という考えを、4人目から捨てました。

子育て=大変は、夏=暑いとか、冬=寒いと似ていると思います。それは紛れもない事実で、そういわれると誰も否定できない。

でも暑い暑い、寒い寒いと言って、その時期を終えてしまうのは、あまりにももったいないと思うようになったのです。

たぶん私に子育ては大変か聞きく人が知りたいことも、私が子育てについて伝えたいことも、「大変さの先にある何か」であると思うのです。

そしてそれはきっと、ひとりひとり違うものである気がします。

子育て×マーケティング発想で、早くそれをわかりやすく伝えていきたいと思っています。

イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました

9月22日~11月4日まで東京ドームシティ Gallery AoMoで開催中の「イグ・ノーベル賞の世界展」。

前売券を購入し、閉会まではまだまだとのんきに構えていたところ、気づけば残すところ2週間弱。家族の体調に左右されるワーキングマザーに後ろ倒しは厳禁!慌てて本日行ってきました。

イグ・ノーベル賞は、1991年に創設された「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に与えられる賞(イグ・ノーベル賞の世界展公式HPより)で、今では本家ノーベル賞をしのぐ人気と言われています。

日本人が毎年受賞することも有名で、2018年も受賞者が出て、12年連続受賞と記録を伸ばしているそうです。

過去の受賞は「たまごっち」や「バウリンガル」「カラオケ」などおなじみの商材から、兼六園のハトの糞がつかない銅像に関する研究など、身近であるにもかかわらずバラエティに富んでいて、網羅する分野の幅広さに感心しました。

またもう一つ感心したことは、親子連れの多さです。

平日の昼間ということもあって保護者はすべて母親でした。秋のイベントシーズンで学校が振替休日なんでしょうか(我が家も金曜日が振休です)、小学生くらいの娘2人と熱心にパネルを読み、議論していたり、赤ちゃんを抱っこしてきている方もいました。

少しエッジのきいた展覧会なので、大人ばかりと思っていましたが、楽しいことが大好きな子どもたちの方が、楽しさを真剣に受け止めているように見えました。

我が家もみなさんを見習って、一緒に出掛けてくれるうちに、真剣に楽しめる経験を積み重ねないといけませんね。

色々な意味で勉強になった一日でした。

子育てママの働き方改革~なぜフリーランスになったか~

はじめまして。フリーランスマーケターの後藤潤子です。

なぜ私が22年間のサラリーマン人生に幕を閉じ、フリーランスになったかを綴っていきたいと思います。

以前から個人起業に興味はあったものの、その一歩が踏み出せずにいました。

また事業を始めるには、物事に対する強いこだわりや、抜きに出た才能がないと難しいとも思っていました。

ではそんな私がなぜフリーランスとして、個人起業することになったか。

それは自分の限界を悟り、そこから新たな可能性を見出したからです。

プロフィールにも書かせていただいている通り、私は新卒で化粧品関係の商社に入社し、19年間化粧品・装粧品ブランドの販促やマーケティング業務を担当しました。1人で担当するブランドも、数十人で担当するブランドも関わることができ、日々「ものづくり」の繊細さと綿密さを学びました。

そしてその間4度の産育休を取得、4度の職場復帰を果たす間に、企業において産休取得までの道のりの何が大変で、休んでいる間の何に不安を感じ、復帰後の何がストレスなのか。語りつくせぬほどの多くの体験をすることに。

子育てをしていく中で、それまで以上に消費者として多くの消費体験や購買行動を経験し、真の消費者目線を身に着けたにも関わらず、業務においてそれらの知見が全くいかせないことに、とても違和感を覚え始めました。

そこで4番目の育休復帰後半年で、子育てとマーケティング、両方の経験がいかせる子育て情報系ITベンチャー企業へ転職。

その後第5子を授かり、出産。

産後4ヶ月で復職、乳飲み子を抱えながら高校に進学した長男の朝練時間の出発に合わせたお弁当作りというの新しいタスクも重なり、復帰の半年後には、鬱になるんじゃないかというところまで追い込まれました。

やはり5人も子供がいる女性が働くのは無理なんだ…あきらめるしかない…そう思ったとき、思いがけず職場の同僚や家族から「今までの経験がきっと何かにいかせる。必要としてくれる人はどこかに必ずいる。」という言葉をもらうことができました。

その言葉を信じ、今の自分のスキル・家族のライフステージ・将来かなえたい夢をもう一度客観的に整理し、未来予想図を描いたところ、思いがけず現れたのが「フリーランス」という選択肢です。

今までの分断されたキャリアは複合力という武器になり、複業という道でいかされる。
子育てに追われる限られた時間の中で、スローダウンしながらスキルアップする。
雇用関係ではなく、パートナーを探す。

人生100年時代に向けた細くて長い挑戦を開始しました。